ヴァイオリンの音色に似合う教室

8:28 am ブログテーマ【ヴァイオリン】

ヴァイオリンのイメージは高級感が漂い大人の余裕が感じられる。
その高額なヴァイオリンを購入するのが難しいからかなかなか習い事に結びつきにくい楽器の一種類。
音色の導き方が難しく他国に習いに出向くイメージがヴァイオリンにはある。
http://www.miyajimusic.com/school/courselist.php?b=%83%94%83%40%83C%83I%83%8A%83%93
だがこの産まれ育つ国もすてたものではない。
力の限り協力的に教えている教室が沢山ある。
レッスンには教室での一対一からグループでのレッスン。
そのほか時間が許す限りのヴァイオリンの構造の説明などがある。
各教室のオリジナルレッスン。
優雅な時間が過ごせるのは嬉しいかぎりですね。
少しヴァイオリンの歴史も話しておきますね。

外見の形は女性のラインに近く弦の素材は羊の腸で作られ弓は馬の毛の白毛を使い木材はヴァイオリンの部分によって違う木材にしてある。
すべての拘りにより音色の違いも出てくるのはやはり高級感あふれるヴァイオリンである。
だが湿気対策が難しく乾燥素材などのこだわりがある。
これは昔のヴァイオリンの作り方がほとんどですが今の時代にあうように弓や弦に金属製をつかうのも現代のヴァイオリンならである。
歴史はもちろん音楽の時間にもならったことですが古く民族曲にも曲を奏でることもあった。
有名なモーツァルトも愛用しているフランチェスコルジェリーがある。
現代には製造できない幻のヴァイオリンです。
音楽のちからは心を救うと思う。
教室の役割は大きいが音色のすばらしいヴァイオリンができる人が増えることに協力してほしい。
音色が街の隅々にいつも響く時間がおおくなるといいね。

Leave a Comment

Your comment

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.